商品・印材ラインナップ 種類・用途について

印鑑にはいくつかの種類があり、使用する場面も異なれば、印鑑がもつ意味や役割も異なります。
用途に合わせて正しく使い分けることが大切です。

個人印

あなたの分身であり、あなたの象徴である個人印。
かけがえのないあなたのお名前が刻まれます。

  • 実印
    実印
    18/mm 15/mm
    【印影】 左: 山田太郎 右: 怜奈
    法律上の権利と義務をともなう重要な印鑑。役所にこの印影を印鑑登録し、公正証書、不動産登記、金融機関で融資を受ける場合など重要書類に用います。
    ※男性の場合は18/mm、女性の場合は、名前を横彫りした15/mmの印が一般的。
  • 銀行印
    銀行印
    15/mm 13.5/mm
    【印影】 左: 山田 右: 怜奈
    口座開設時など金融機関において必要とされる、姓のみが彫られた印鑑。財を横で受け止めるという意味をこめ、大日本印章では姓を横に彫っています。
    ※男性の場合は15/mm、女性の場合は、名前を横彫りした13.5/mmの印が一般的。
  • 営業印
    営業印
    13.5/mm
    【印影】 山田
    企業において個人が使用する、姓のみが彫られた印鑑。頻繁に事務処理がなされる、見積書、納品書、請求書、領収書などに用います。
    ※13.5/mmが一般的。
  • 認印
    認印
    12/mmまたは10.5/mm
    【印影】 山田
    姓を彫刻して、所持する人の家銘を示します。実印などにくらべ使用する頻度が高く、書留、小包、宅配便の受け取り時など日常的に用います。家族を大切に守るという意味から、姓を家の柱に見立てて縦に彫ります。
    ※12/mmまたは10.5/mmが一般的。

法人印

企業や団体の成長・発展に欠かすことのない法人印。
職人の技が息づく、きめ細やかな文字が刻まれます。

  • 代表印
    代表印
    企業や団体の代表者として法律上認められる印鑑。法務局で印影を登録し、取引上重要な書類に捺印する際に使います。印面の周囲には企業名を、中心に代表取締役印(または代表取締役社長など)を彫ります。
  • 銀行印
    銀行印
    企業や団体の財務・経理上の管理に利用する印鑑。印面の周囲には企業名を、中心に代表取締役印(または代表取締役社長など)を彫ります。
  • 社印
    社印
    正方形の印面に社名や屋号が彫られた印鑑。企業・団体における角印、商店屋号印を示します。単体で書類などに押印したり、代表者印とともに用います。
  • 割印
    割印
    長方楕円形の印面に社名や屋号が彫られた印鑑で、契印とも呼ばれます。登記公文書などに用いられ、2枚の書類にまたがってふたつ割りになるよう捺印します。