印章の品質

印材について

印鑑に用いる印材は、厳格な基準のもとひとつひとつ丁寧に選定。
お客さまの人生が良き方向へ進みますように。そんな願いが印材の選定にも影響しています。

本象牙印材

今日、日本において最良の印材とされるのが象牙。
適度な硬さと粘りを有し、長年使っても狂いのない印影が得られます。
弊社では厳選した象牙のなかでもきめ細かな先端部を印材として使用しています。

大日本印章ではこの部分の良質印材のみを使用

大日本印章ではこの部分の良質印材のみを使用
本象牙印材の商品を見る

マンモス牙印材

シベリアの永久凍土より発掘された、3万5千年前のケナガマンモスの牙。
印鑑の材料として質の高い象牙に材質が酷似していて、長年使っても狂いが少ないのが特徴です。
希少価値のある印材です。

FUMETSUを見る