商品・印材ラインナップ 個人印

個人印について

あなたの分身であり、あなたの象徴である個人印。
かけがえのないあなたのお名前が刻まれます。

  • 実印
    実印
    18/mm 15/mm
    【印影】 左: 山田太郎 右: 怜奈
  • 銀行印
    銀行印
    15/mm 13.5/mm
    【印影】 左: 山田 右: 怜奈
  • 営業印
    営業印
    13.5/mm
    【印影】 山田
  • 認印
    認印
    12/mmまたは10.5/mm
    【印影】 山田

本象牙印材

今日、日本において最良の印材とされるのが象牙です。適度な硬さと粘りを有し、長年使っても狂いのない印影が得られます。
象牙は、古くは奈良・平安時代に用いられ、正倉院御物に見ることができ、
江戸・明治時代には象牙工芸品が珍重されたものでした。
大日本印章は、厳選した象牙印材に熟練の職人が一字一画を手彫りいたします。

家宝印

本象牙の先端で、なおかつ芯に近い部分から1、2本しか採れない貴重な芯持印材を使用。家宝として一生お使いいただくにふさわしい、高い耐久性と重厚感を保持。 使うほどに象牙特有の美しい光沢が増していきます。ケースには背ワニ革の希少な部分を用い、箱は上品な光沢を放つ輪島塗でおつくりしています。

  • 印材
    特選極上芯持印材
  • ケース
    背ワニ頭付革ケース
  • 家宝印
  • 家宝印
芯持印

本象牙の先端で、なおかつ芯に近い部分からわずか1、2本しか採れない 貴重な芯持ち印材を使用。高い耐久性と重厚感を誇り、使うほどに象牙特有の美しい光沢が増していきます。 ケースには希少なオーストリッチ(ダチョウ革)を用い、箱は狂いが少なく美しい木目が特徴の桐でおつくりしています。

  • 印材
    特選極上芯持印材
  • ケース
    オーストリッチ(黒)ケース
  • 芯持印
  • 芯持印
横目印

縦方向に採る芯持とは異なり、特殊な方法で横方向に採った印材を使用。 横に採ることで印鑑表面に年輪模様が入り、それが希少価値へとつながっています。末永く大切に使っていただくために、上質なオーストリッチ(ダチョウ革)のケースに収めています。

  • 印材
    特選極上横目印材
  • ケース
    オーストリッチ(黒)ケース
  • 超極上印
  • 超極上印
超極上印

良質な印材が採れる象牙の先端部より、縦目に切り出した特選極上印材を使用。 ワニは食らいついた獲物を離さないことから、運をつかんで離さないようにと願いをこめて、ケースはワニ革に。箱は狂いが少なく美しい木目が特徴の桐でおつくりしています。

  • 印材
    特選超極上印材
  • ケース
    背ワニ革ケース
  • 超極上印
  • 超極上印
極上印

大きな象牙からは採ることが難しく、小さなものからわずかだけしか採れないきめ細やかな上質印材を使用。大切な印鑑を包み込むケースは、鱗模様が美しい腹ワニ革でできています。

  • 印材
    特選極上印材
  • ケース
    腹ワニ革ケース
  • 高級印
  • 高級印
上質印

良質な印材が採れる先端に限りなく近い部分から、きめ細やかな印材を縦に切り出しています。トカゲの尾が切れても切れても生えてくることから、運が尽きないようにとの願いをこめて、トカゲ革のケースをお付けしています。

  • 印材
    特選上質印材
  • ケース
    トカゲ革ケース
  • 高級印
  • 高級印
高級印

厳選された本象牙から切り出した特選高級印材を使用。重くどっしりとした牛のように、粘りや落ち着きのある人になってほしいとの願いをこめて、牛革のケースに収めています。飽きることなく、末永くご利用になれます。

  • 印材
    特選高級印材
  • ケース
    牛革(黒)ケース
  • 高級印
  • 高級印

マンモス印材

シベリアの永久凍土より発掘された、3万5千年前のケナガマンモスの牙。
印鑑の材料として質の高い象牙に材質が酷似。
時空を超えて、近年私たちの前に姿を現した奇跡の印材です。

FUMETSU

地球が生み出した奇跡が大きな感動を与えてくれる至高の逸品、
マンモス印鑑「FUMETSU」。

  • 印材
    マンモス印材
  • ケース
    オーストリッチ(白)ケース
  • FUMETSU
  • FUMETSU
  • FUMETSU